歯ぎしり

歯ぎしり

川崎市多摩区登戸・向ヶ丘遊園にあるカワシマ歯科医院では、歯ぎしり、嚙みしめの治療として、歯ぎしり用マウスピース(ナイトガード、歯ぎしり防止装置)を作成しています。保険適用。歯ぎしりは脳が興奮して起こることはわかっていますが、詳細はわからないことが多いため、止める方法は、ありません。そのため、マウスピースで歯を守ることで対処します。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりは寝ている、眠りの浅い時間帯(ノンレム睡眠)に多く、自覚症状が乏しいことが多いです。歯をこすり合わせたり(グライディング)、食いしばる(クレンチング)といった症状で、脳の興奮によっておこります。ストレス、遺伝、薬、飲酒、喫煙、など様々です。

歯ぎしりで起こる主な症状

1,歯がしみる

2,歯が痛い

3,歯の根元が、楔状にかけている。

4,歯がすり減っている

5、詰め物がよく取れる

6,歯が割れる

7,顎が痛む

8、肩が凝る

9,頭痛がする

10,頬や舌に歯型がついている

11.下の歯の内側や上顎の中央に硬い隆起がある

歯ぎしりの対策

歯ぎしりは脳の興奮が原因で、眠りが浅い時間帯(ノンレム睡眠)に起こります。歯ぎしりをなくしていくには、眠りを浅くしている原因を取り除き、眠りの質を改善する必要があります。

1、禁煙

2,寝る前の飲酒やカフェインを控える

3,ストレスをためない

 

歯ぎしり用マウスピース

歯ぎしり用マウスピースは、主に就寝中に装着します。日中の食いしばりが気になる方は、日中も使用できますが、できるだけ使用を避けて、ご自分で食いしばりを意識して改善するようにします。

登戸・向ヶ丘遊園にあるカワシマ歯科医院 歯ぎしり用マウスピース
歯ぎしり用マウスピース

 

作成は型を取り、1週間程期間をいただいて作成し、次回装着となります。夜間に装着して経過観察となります。保険適用で、料金は3割負担の方で、3,000円程になります、他に初診料等がかかります。