歯周病を予防しましょう

歯ぐきの病気・歯周病を予防しましょう

川崎市多摩区登戸・向ヶ丘遊園にある歯医者、かわしま歯科医院では、歯周病の検診・治療に力を入れています。歯医者歯周病は成人の約8割の方が罹患している歯ぐきの病気で、歯を喪失する最大の原因です。 しかし、予防により、かなり防ぐことのできる病気でもあります。

 

歯周病
歯周病

成人の約8割が歯周病

歯周病は、成人の約8割の方がかかっており、歯を失うおおきな原因となっています。むし歯とともに気を付けなければならない歯ぐきの病気です。しかし、ほとんど自覚症状が乏しく進行して、多くのかたが歯を失っています。

 


歯周病の自覚症状

自覚症状はほとんどなく、気づいていないことが多い

□ 歯ぐきから出血する

□ 歯ぐきが腫れる

□ 口臭がする

□ 歯がグラグラする

□ 歯がしみる

□ 歯が長くなった

□ 歯ぐきから、黄色い膿が出る

□ 歯が長くなった

 

この様な症状があれば、歯周病な可能性がありますので、ご相談ください。

 


歯周病治療の基本

ご自分で歯磨きは回数や上手、下手あるにせよなさっていると思います。これをセルフケア といいます。歯磨きはしているのに・・・。という方は多いのですが、これでは足りません。歯周病の巣となる歯周ポケットはご自分の歯磨きだけでは、きれいになりません。さらに、歯科医院で行うプロフェッショナルケア が必要です。磨き残すところや歯周ポケットを中心に歯の全体をクリーニングします。定期検診 を続けることにより、細菌が減り、出血が治まり、歯肉が健康になっていきます。

 


歯周病
歯石が付着、歯肉が腫脹
歯石
歯石が多量に付着
歯石
歯石を除去

歯周病は最終的に歯がぬける病気です

歯を全て喪失
歯を全て喪失

歯周病健診を受けましょう

先ずは歯科医院で検診を受けましょう。歯周ポケットの深さや動揺度の検査、レントゲン検査です。これにより歯周病の進行がどれくらいかがわかります。どういった治療、予防のプランがたちます。進行が進むほど治療が困難になり、抜歯するしか方法がなくなります。