入れ歯

いろいろな入れ歯

登戸・向ヶ丘遊園のかわしま歯科医院では様々な入れ歯を扱っています。入れ歯といっても、まず大きく分けて部分入れ歯(歯が残っている歯に人用)と全部入れ歯(歯がない人用)に分かれます。さらに見た目、素材、丈夫さ、費用といったところで選択していただきます。お口の状態に合わせてご説明、選択していただきます。

 

 

部分入れ歯(プラスチック様材料)

安価に作製できる入れ歯です。しかし、割れやすい材料ですので、厚くなり異物感が大きくなります。金属のバネで、残っている歯に引っ掛けるので、審美性に劣ります。

 


部分入れ歯
術前
部分入れ歯
術後
部分入れ歯
術前
部分入れ歯
術後

部分入れ歯
術前
部分入れ歯
術後
部分入れ歯
術前
部分入れ歯
術後

スマイルデンチャー、ノンクラスプデンチャー

ナイロン様の材料で作製してある入れ歯で、薄く丈夫です。よって、異物感が少なく、割れる心配はありません。そして、銀色のバネを使わず、歯肉色の入れ歯を歯にかけるので、審美性に優れます。川崎市に限らず日本中で多く用いられてきています。


スマイルデンチャー
術前
スマイルデンチャー
術後
スマイルデンチャー
術前
スマイルデンチャー
術後
スマイルデンチャー
術前
スマイルデンチャー
術後

部分入れ歯(骨格に金属を使用)

骨格を金属で作製する入れ歯で、丈夫です。修理もできるので、長期に使用できます。審美的にも作製ができることが多く、長く使用したい方におすすめします。

 



全部入れ歯(プラスチック様の材料)

安価に作製できる入れ歯です。しかし、プラスチック様の材料ですので割れやすく、厚くなるので異物感が大きいのが欠点です。


全部入れ歯(骨格に金属を使用)

骨格に金属を使用するので、割れにくく丈夫です。長期に使用できる入れ歯です。

金属床義歯
金属床義歯