神奈川県川崎市多摩区登戸・向ヶ丘遊園の歯医者 かわしま歯科医院

歯科

 

川崎市多摩区登戸、向ヶ丘遊園のかわしま歯科医院では、むし歯、銀歯、歯の痛み、歯の破折、歯根破折、歯髄炎、象牙質知覚過敏、根尖性歯周炎、歯周病、歯ぐきの腫れ、総入れ歯、部分入れ歯、さし歯、かみ合わせ、口内炎などの一般歯科の治療をしています。  

・銀歯・つめものがとれた。

・口腔内の銀歯を白い歯に変える

・歯ぐきが腫れて痛い、血が出る出血するのは歯周病です。

・クラウン(差し歯)

・入れ歯・義歯(総入れ歯、部分入れ歯)を入れたい

・噛み合わせの治療(咬合治療)

 

 

 

小さなむし歯の治療

川崎市多摩区登戸・向ヶ丘遊園の歯医者、かわしま歯科医院では、小さな初期のむし歯であれば、むし歯の箇所を最小限に取り除いたあと、白いプラスチック様の詰め物、もしくはセラミックインレーという白い詰め物、銀色の金属で直すことができます。

 

 

銀歯・つめものがとれた

銀歯・つめもの、いわゆる保険の歯科治療、銀色の金属の詰め物が、はずれてくる方が多くいらしゃいます。そんな時は、すぐにレントゲン検査、応急処置、仮詰めをします。症状が無いからと言って放置すると、むし歯がすすんだり、歯が割れたりします。口腔内に金属を使用すると、金属アレルギーが出ることがあります。白い歯にすることもできます。


口腔内の銀歯を白い歯に変える

銀歯、銀色の金属が気になる方は、症例にもよりますが、白い歯に変えられます。口腔内に白い治療を希望する方が増えています。


歯がしみる、痛む(象牙質知覚過敏症)

歯がしみて痛む原因としては、むし歯、歯のき裂、破折、摩耗、象牙質知覚過敏症などが考えられます。視診、レントゲン検査をして原因を探り、治療にはいります。むし歯がない場合、知覚過敏のことが多く、しみ止めのお薬を塗布します。さらに、歯周病によるものなら、歯石の除去、歯ぎしりによるものなら、ナイトガードを作成します。

 

知覚過敏
歯ぎしりによる知覚過敏
象牙質知覚過敏症
歯の根元がしみる、知覚過敏
象牙質知覚過敏症
象牙質知覚過敏症のメカニズム

歯周病・歯石の除去

このような症状・お悩みに…

歯石・歯ぐきの腫れ・痛み・出血・歯がぐらぐらする・ぐらついている・歯ぐきが下がってきた・歯が長くなってきた 口臭がする

 

お口の中を不潔にして、歯に歯石を付着させて歯肉(歯茎・歯ぐき)や顎の骨が無くなっていく病気、歯周病です。大変多くの人が罹っていますが、口腔内に自覚症状はほとんどありません。歯石が付着して歯肉から出血したり、歯がグラグラしていたら要注意です。かなり進行しているかもしれません。口臭の原因にもなります。喫煙などの生活習慣や糖尿病などの全身の病気と深い関係があります。歯科治療を始めましょう。

 

歯周病
歯周病、歯石の付着、歯肉の腫脹
歯石
下の歯の裏側に歯石
歯石を除去
歯石を除去

差し歯(クラウン)

差し歯は、前歯や奥歯にかぶせる歯で、審美性や費用により種類のある歯科治療です。かわしま歯科医院では、症例にあった差し歯をご提案いたします。

 

ジルコニアボンド

最も明るくきれいに作製できます。金属を使用しないので、金属アレルギーは起きません。

メタルボンド

金属を使用するので、丈夫に作製できます。審美性にも優れています。

レジン前装冠

安価ですが、破折しやすく審美性に劣ります。費用を抑えたい方向きです。

銀歯

安価ですが、審美性に劣り、、金属アレルギーが心配です。費用を抑えたいかた向きです。


入れ歯・義歯(総入れ歯)を入れたい

神奈川県川崎市多摩区登戸・向ヶ丘遊園の歯医者、かわしま歯科医院。入れ歯には、一般の歯科治療の骨格が金属でできた金属床総義歯、保険の歯科治療のレジン床総義歯があります。歯が数本残っている方は、取れにくく安定な磁石義歯がよいでしょう。

 

金属床総義歯

この入れ歯は骨格が金属で出来ており、薄く丈夫です。異物感が少なく、装着良好です。費用は金属の種類によります。チタン合金で骨格をつくり、丈夫で薄く、軽い義歯です。

総義歯(金属床)
総義歯(金属床)

レジン床総義歯

この入れ歯は本体がプラスチック様材料で出来ており、厚みがあり異物感が大きく、割れやすいのが欠点の義歯です。

 

 

総義歯(レジン床)
総義歯(レジン床)

マグネット総義歯

この入れ歯は義歯の内面に磁石を埋めこんで、自分の歯の根に磁力でくっ付ける義歯です。

 

 

総義歯(磁石を応用)
総義歯(磁石を応用)

入れ歯・義歯(部分入れ歯)を入れたい

骨格を金属でつくる金属床義歯、審美的なノンクラスプ義歯(スマイルデンチャー)、保険の歯科治療で安価なレジン床義歯といったものがあります。

 

金属床

骨格を金属で作製しており、丈夫でこわれにくく、長く使用したい方向き。審美的にも作製できます。

 

局部床義歯(金属床)
局部床義歯(金属床)

ノンクラスプデンチャー

スマイルデンチャー。銀色の金属製のバネを使用しておらず、見た目がよく、人から入れ歯ときずかれにくい。ナイロン製で薄くて丈夫。

スマイルデンチャー
スマイルデンチャー

レジン床義歯

安価だが見た目が悪く、割れやすい。

 

 

 

局部床義歯(レジン床)
局部床義歯(レジン床)

レジン床義歯(保険)装着例

義歯装着前
術前
義歯装着
術後
部分入れ歯
術前
部分入れ歯
術後

かみ合わせの治療(咬合治療)

噛み合わせといっても、様々な異常があります。出っ歯、受け口、開咬などをを扱う矯正治療、差し歯による歯並びの治療、歯ぎしり、入れ歯が噛めない、歯のぐらつき、歯周病、外傷、噛み合わせの異常による顔や姿勢のゆがみ、肩こり、頭痛といった全身への影響。問診を十分に行ってから、咬合の検査をします。

 

 

歯根破折

歯根破折とは、歯の根っこが折れてしまうのです。歯の神経を取ったり、くいしばる癖や歯ぎしり、外傷でおこることがあります。噛めなくなったり、歯ぐきが腫れてきたりします。抜歯になることが多いのですが、接着により保存できることがあります。

歯根破折
歯根破折


川崎市多摩区登戸・向ヶ丘遊園のかわしま歯科医院、歯科のQ&A

食べ物がはさまる

歯と歯の間が開いているのかもしれません。むし歯になっているのかもしれません。レントゲン検査をして原因を突き止めて治療にはいります。いつもはさまるままにしておくと、むし歯、歯周病が進行します。

 

歯が痛い

むし歯は、実は知らない間に進行しています。急に痛くなることが多いですが、進行度によって、最初は水などがしみることからはじまり、徐々に悪くなって、ズキズキと痛みだし、一時治まりますが、治ったのではありません。さらに放置すると、突然の激痛におそわれて、我慢できません。(根尖性歯周炎)早めに治療したほうが賢明です。自然治癒はほとんどありません。

 

むし歯の治療は、どんな方法がありますか?

小さなむし歯なら、プラスチックをつめたり、金属を入れたりします。大きなむし歯なら、神経をとったり、抜いたりします。いずれにせよ、治療は、早めが楽です。

 

・歯がかけた。

奥歯が欠けたと言って来院されるかたが、よくいらっしゃいます。歯ぎしりの為や銀歯の周りのうすい歯が欠ける場合もありますが、かなり進んでしまったむし歯のことが多いものです。いずれにしても放置はよくありません。

 

・銀歯をつめたのに、しみる、痛む。

不思議に思われるかもしれませんが、わりとあることです。金属は熱を伝えます。目では見えませんが、金属と歯の間に隙間があります。歯の象牙質は過敏なのです。だんだんと落ち着きます。ただし、経過不良で、歯髄炎になることが、稀にあります。

 

・銀歯がとれた。 いわゆる保険の銀合金の詰め物が、はずれてくる方が多くいらしゃいます。そんな時は、すぐにレントゲン検査、応急処置、仮詰めをします。症状が無いからと言って放置すると、むし歯がすすんだり、歯が割れたりします。

 

・歯の根元から白い膿が出ている

歯の根っこが膿んでいるのかもしれません。根尖性歯周炎を疑います。浮いた感じがしたり、噛むと痛んだりします。

 

歯磨きをすると、歯ぐきから血が出る。

おそらく歯周病でしょう。歯垢・歯石がたまってくると、歯ぐきが腫れて出血します。自覚症状はあまりありません。かなり、進んでいることがあります。歯の動揺はありませんか?

 

歯が浮いた感じがする、長くなった、歯と歯の間にすきまができた

歯周病を疑います。歯を支える骨が少なくなると、違和感かでて、歯の根がむき出しになり、長く見えるようになります。歯ぐきも少なくなり、隙間ができ、食べ物が挟まりやすくなります。

 

奥歯で咬むと、痛みがある。

このような場合、歯の根がおかしいと思われます。膿をもっているのかもしれません。(根尖性歯周炎)まわりの骨が異常かもしれません。(歯周病)折れているのかもしれません。(歯根破折)いずれにせよ、レントゲン検査等が必要です。

 

・歯ぐきが腫れて、痛む

歯ぐきが腫れている場合、主な症状が歯にある根尖性歯周炎なのか、歯の周りの歯肉にある歯周病なのかで治療方針は変わりますまず、レントゲンなどの検査をします。前者の場合、歯の根の治療をし、後者の場合、歯石をとります。どちらも症状がすすむと、手術になることがあります。

 

歯が溶けている(酸蝕症)

ジュース、乳酸飲料、スポーツドリンクは、かなり酸性のものがあります。それを習慣にしていると、歯が溶けてしまうのです。これを酸蝕症といいます。ダラダラと飲まない、のんだ直後に口をゆすぐなど工夫しましょう。

 

歯みがきをすると、歯がしみる。

歯ブラシが歯の根元にあたると痛むのは、象牙質知覚過敏かもしれません。かみあわせの異常や歯周病で歯ぐきが下がり、歯の根が露出するのです。治療は、しみ止めを塗布します。さらに、かみあわせや歯周病の治療が必要です。場合によっては、歯の神経処置が必要な時もあります。そのほかに、むし歯、歯の破折等が考えられます。

 

・金属アレルギーがあります。

金属アレルギーといっても、何の金属がいけないのかは、人それぞれです。また、原因金属を特定するのは、とても、困難です。皮膚科の方へ検査を依頼しても、なかなかわからないことが多いのです。差し歯をすることになって、結局、金属を使わない方法を採ることになることが多いものです。そうすると、材質は、今のところ、ハイブリッドセラミックスやセラミックスということになります。但し、保険適応ではありません。審美歯科として、ハイブリッドセラミック インレー、オールセラミック クラウンとして、臨床でよくおこなっています。

 

麻酔は、どれ位の時間、効いているのでしょう?

注射麻酔の種類や打つ場所にもよりますし、個人差もかなりありますが、1~3時間位と思います。特に、下顎の奥歯の治療でする場合、舌や頬を咬みやすくなったり、発音に影響がでやすいです。飲み物はこぼしやすくなります。

 

差し歯がとれた

前歯のかぶせものや、その土台が取れそうになり、グラグラしてきたり、実際、取れてしまったりします。特に問題がない場合は、そのまま装着します。むし歯があれば、再製作となります。場合によっては、歯根が破折していて、抜歯になることがあります。

 

歯石とは

歯の根元に黄色くて固いものが付着しtりませんか?細菌な固まりで歯周病の主な原因です。自覚症状がほとんどないので、気づくことが難しいかもしれません。付着したままにしておくと、病気がすすんでいきます。

歯の治療に関するご相談をお受けいたします。